妊娠線が出来てしまう原因とは

cd2917412be793e397b85278f1c53287_s

妊婦さんの悩みの種「妊娠線」

妊娠線ができてしまう原因には主に二つあると言われます。

妊婦さんのおよそ半分に出るといわれている妊娠線ですが、
一般的にはお腹が大きくなり始める5か月頃から出始めて、
出産の1週間前はもっとも出やすいと言われています。

妊娠線が出来てしまう原因となるメカニズムを簡単に説明します。
PR/タラバガニ 通販 おすすめ

 

妊娠線はこうやってできる

妊婦さんはお腹が大きくなっていくとともに、お腹だけではなく
母乳の準備を始める胸や、ヒップ、太ももなど、全体的に体型が
ふっくらと変化していきますね。
それに伴い、肌の表面である表皮の部分は伸びることができるのですが、
柔軟性のない真皮層や皮下組織は表皮の伸びに付いていくことが出来ないのです。

その結果コラーゲンなどが断裂を起こし、赤紫色の線、
つまり妊娠線となって現れるというわけです。

妊娠線ができるもうひとつの原因には、妊娠中に分泌が増えると言われている
ステロイドホルモンにあります。

このステロイドホルモンがお肌の新陳代謝であるターンオーバーに影響し、
肌の生まれ変わりやコラーゲンの生成などを抑制してしまうそうです。

妊娠線が出来てしまう原因はこのように主に2つあると言われていますが、
妊娠線の数は人によって1本の場合もあれば、何本も出てしまうこともあり、
またできる場所もそれぞれです。

ここまで説明してきたように、妊娠線の原因は妊娠中の急激な体系の変化ということが
分かったかと思います。

妊娠線ができる原因を知り、日頃からできるケアとして
上手に妊娠中の体重コントロールをしながら肌のケアを取り入れることもおすすめします。